躁鬱病の種類について、症状などを知って解決しよう

うつ病の種類

頭を抱える女性

色々な要因

精神的な病気はたくさんありますが、ここではうつ病について紹介していきます。まずうつ病という病気は、近年増加傾向にあります。そして、その理由は色々な説があります。うつ病の原因はまだ、ハッキリと特定されていません。しかし、うつ病になるきっかけはたくさんあると考えられています。それは、環境の変化や身体的なものが原因であると考えられているからです。例えば、環境の変化の時には家族や親族の死、転職や退職、結婚、妊娠、財産の喪失などがあります。そして、身体的な変化の時には疲労、月経、出産、薬剤の使用などがあります。うつ病を発症する時には、脳内にある伝達物質の働きが悪くなることが原因であると考えられています。その伝達物質の働きが悪くなる時は、ストレスや環境の変化、病気などが関わってくることが多いとされています。その他に考えられる原因は、ストレスを溜めやすい性格などです。

性格

うつ病になりやすい性格とは、真面目で責任感が強い、仕事熱心、周りの評価が高いなどが挙げられます。つまり、ストレスを溜め込むタイプの性格の人は危険なのです。自分の性格がこれに当てはまるという人は特に注意が必要です。ストレスを溜め込まないようにするためにも、趣味を見つけて発散するように心掛けていきましょう。また、発散する他にもストレスを感じないようにすることも必要です。例えば、仕事の時にはあまりこだわらないようにする、自分ばっかりで仕事をこなそうとしないなどが挙げられます。自分だけで、全て溜め込んでしまう人などは注意が必要です。

躁うつ病は現代で増加傾向にある

躁鬱病というのは、躁(そう)状態と鬱(うつ)状態が反復して見られる症状のことを表します。躁は気分の高揚や自信過剰な状態であり、鬱は逆に自信喪失や不安、熱意の消失などがあります。相反するような二つの症状ですが、これが交互に現れるのが躁鬱病です。ではどんな人がこの病気を発症するのかというと、一般的に言われているのが肥満型で躁鬱気質を持つ人に多いといわれています。 躁鬱気質とは、1つに人付き合いがよく親しみやすい、2つめにユーモアで興奮気質がある、3つめに物静かで落ち着いている、という3つの気質のことをさします。さらにこの性質に合わさって思い込みが激しく頭の切り替えが難しいタイプの人間がなりやすいようです。特に現代社会ではストレス社会に合わさって、人とのコミュニケーションに難しさを感じる人が増えてきています。これに伴い、症状の自覚で心療内科を受診する患者数は増加傾向にあるのです。

日本では件数が少ないとされているが

躁鬱病はいまだ原因がはっきりわかっていません。考えられるのが遺伝的要因や環境要因が関係していますが、メカニズムはいまだ判明されていないのです。 日本での症例報告は1%未満と少ないですが、潜在的な患者数は多いといわれています。というのも、本格的な調査はされていないため、不明点も多いのです。 この躁鬱病ですが、まず鬱の症状から始まるといわれています。鬱を何回か繰り返した後、突然躁状態になる事例もあれば、鬱になりすぐに発症する場合もあるようです。ある報告によれば、以下のタイプが鬱から躁鬱病へと移行した事例があるようです。 1つ目に鬱を急激に発症した。 2つ目に鬱が重症である場合。 3つ目に鬱が幻覚や妄想などの症状を主とする場合。 これらの症状が見られる場合は注意が必要です。

ピックアップ

  • 種類を知ろう

    うつ病には種類がありますが、ここでは躁鬱病について説明していきます。躁鬱病の種類について、躁鬱病の症状や特徴について考えて行きます。自分や周りにそういった症状の人はいないか当てはめてみましょう。

  • 特徴について

    躁鬱病には、抑うつ病的な症状と躁状態の2種類があります。特に躁状態の時には、一般的にテンションが高いだけであると判断されやすいです。そのため、判断が難しいのです。

  • 分類される

    躁鬱病の症状には、躁状態が長い時やうつ状態が長い時など、幾つかの種類があります。場合によっては、合併症を引き起こす可能性が考えられますので、知識を高めて予防しておきましょう。